方円信哉(ほうえん しんや)

◎1954年高知県生まれ

◎1973年 土佐高校卒業

中高一貫教育の中でサッカーをする。

◎1978年 慶應義塾大学商学部卒業

勉強も運動もせずただ無駄に日々を過ごす

◎1978年 株式会社三越入社

◎1984年 転勤で新潟市に住む

通勤時間がわずか5分、会社に入り初めて自分の時間ができる

冬が長く気候がアウトドアスポーツに向かないのでインドアでテニスを始める

テニスの世界の激変 コナーズ、エドベリからベッカーへ パワーテニス

パワーをつけるためボディビル、健康クラブに行くがイマイチ

◎1985年 初めてスポーツクラブに行く、そしてエアロビクスをする

都会ではやりはじめたスポーツクラブが新潟にも出来る

ウエイトをやるためスポーツクラブに行きはじめる

いつしかテニスを止め、エアロビクスに入り込む

◎1988年 転勤で東京に戻る、ほぼ毎日ジムに行く

店舗限定会員から全店舗使用可能の会員に変更

スポーツクラブもバブル、高い入会金。エアロビクス全盛の時代

毎日ジムに行くのでラグビー部に勧誘され、誘われるままにラグビーまで始める

◎1990年 競技エアロビクスを始める

楽しかった初期、だんだんおかしくなって、、、、

◎1995年 ウエアー作りに興味を持ち洋裁学校に入学

モードしての服、ファッションとしての服作りでなく

服そのものの作り方 パターン、縫製と行った地味な基礎を勉強。いい先生の巡り会う

◎1996年 競技エアロビクスを止める

フィットネスが多様化しはじめる

プール、マシン、エアロだけでないフィットネスが次々と。多様化する

競技はあまりにマニアックな世界に

◎1997年 初めて商品化し、売る

競技を止めてもフィットネスを続ける。自分にとりフィットネスが一生続くものと確信

会社を作るより、まずはお客様作り,立ち話から初めての1着が売れる

時間がなくなりラグビーは現役引退し、ウォ―ターボーイとして後輩の面倒を見る

◎1998年 合資会社フィットビートとして事業を開始する

不安はあるので専業にはせず、まずは兼業でお客様作りに

何でもやってみるから、集中化そして、新しい物に取り組む

◎2008年 仕事を1本化しフィットビートに専念する

テレビ、雑誌等に紹介される

イタリア的家内企業をめざし、プロとヘビーユーザーに愛される商品作りを心がける

◎2011年よりボディビル関係の仕事も手がけることにした


Instagram

hoenshin

投稿111件フォロワー69人106人をフォロー中

Instagram

Facebook